日銀の金融緩和策について思うこと。

日銀の総裁、黒田さんが就任してから約3年、急激な量的緩和でマネタリーベースを増やし今年に入ってマイナス金利まで導入していますが実体経済にどれほど効果が有ったのか疑問が残ります。

本来の目的は銀行が日銀に預けている当座預金残高が量的緩和で増え、それが貸出に影響して貸出すお金も増えて経済を活性化し良い意味でのインフレを起こす事が目的だったはずですが、量的緩和した分貸出に回ってないのが現状です。
お金の量自体が増えたので、円安になり輸入物価が上昇してコストプッシュインフレになっただけで経済は活性化どころか生活を圧迫した印象です。

金融政策だけでなく政治家の方達にも頑張っていただき、海外の人達にもっと魅力ある日本をアピールして投資を呼び込んで頂きたいものです。

安井嘉匡のFacebookはこちら

安井嘉匡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です