真のリーダーになるために必要な「7つの条件」

真のリーダーになるために必要な「7つの条件」

MBA-リーダーシップ

このような記事がありましたので、皆様にご紹介したいと思います。

肩書は関係ない! 真のリーダーになるために必要な「7つの条件」

以下、7つの条件となります。

1. 誠実で高潔な行動をしている

リーダーは「良い人」としてメンバーに語りかけます。誰が見ていても見てなくても関係なく、自らの行動や価値観、やり方に一貫性があり、それを高いレベルで実行できるのがリーダーです。

2. コミュニケーション力に長けている

偉大なリーダーはコミュニケーション力に長けています。人と情報を共有するのは好きですか? 相手が必要としている情報をきちんと提供していますか? くどい言い回しにならずに、率直でオープンなコミュニケーションをしていますか? これらができていれば、リーダーとして合格です。

3. 自信がある

常に自信を持ち続けることは、簡単ではありません。自信を持ってなにかに取り組むことで、人はリーダーに近づきます。相手を勇気づけたり励ましたりといった人を鼓舞する能力や、手助けによってその人が不可能だと思っていたことを可能にする力がリーダーには必要です。

4. 決断ができる

リーダーの基本的な仕事のひとつは、決断することです。真のリーダーは、やむを得ない状況で難しい決断をすることを恐れません。情報を集め、躊躇したり考え直したりせずに、すばやく情報に基づいた決断ができる人は、リーダーとしての資質があります。

5. 勇気ある行動をしている

真のリーダーはリスクを取ることを恐れません。リスクが大きければ大きいほど、見返りも大きくなるから。チャンスを見極めて、勇気を持ってリスクを引き受けられるなら、あなたはリーダーに向いているでしょう。

6. 問題を解決している

人生には解決するのが難しい問題や正さなければならない状況が常に存在します。ほとんどの人は問題が起こると不平不満を言うだけですが、リーダーの資質を持つ人は決して煩わしいことだと思わず、成長の機会だと捉えています。その上で問題を解決することができる人は、まさにリーダーです。

7. 人間関係を大事にしている

真のリーダーシップの土台となるのは、人間関係の質です。人間関係は、相手に対する深い理解と感謝によって築かれるものです。相手と個人的に深くつながり、上っ面の関係を突破した密な人間関係を築く力がリーダーには必要です。

いかがですか?

やはり皆様の周りにいらっしゃるリーダーシップを発揮している方はこの条件に当てはまる方が多いのではないでしょうか??

私自身も常にこのようなことを意識して生きてきたような気がします。

一人ひとりがこの条件を意識することによって、この国はまだまだ素晴らしい国になっていくのではないでしょうか。

この記事を読み、改めてそのようなことを考えました。

118349_photo1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です